2017.04.12

【メディア掲載】不動産投資業界向けメディア『月刊プロパティマネジメント』2017年4月号

綜合ユニコム「月刊プロパティマネジメント」2017年4月号にてビットプロパティーのP2B再生可能エネルギープラットフォーム「Ecoloni(エコロニ)」について取り上ていただきました。

掲載内容はこちらになります。

Image uploaded from iOS (23)
 

市場成長の担い手

ブロックチェーン技術、仮想通貨を活用新たな不動産取引のスタイルを提供

メガソーラーの売電収益を仮想通貨で分配

記事文中にもある様に、ビットプロパティーで現在開発しているのが「Ecoloni」プロジェクトです。
再生可能エネルギー施設に仮想通貨を送付し、各施設は国内外の取引所を通じて仮想通貨を日本円などに交換します。
また再生可能エネルギー施設から得た電力を電力会社に売電し、売電収益を仮想通貨で分配します。
この一連の流れをスマートコントラクトという技術を使い自動化するシステムです。

 

2つの最新IT技術により高い安全性・利便性を確保

ブロックチェーンを用いることにより高い安全性と利便性が確保されます。
従来の決済システムは特定の管理者がデータを管理しています。
その場合、管理者がなにかしらの攻撃を受けたときにデータが消失したり、 管理者がデータ改ざんを行う可能性があります。それをブロックチェーンを使用することによりデータの消失や改ざんの可能性を限りなく排除できるというメリットがあります。

ビットプロパティーでは「ブロックチェーン×スマートコントラクト」の技術を活用し、世界中の不動産売買できるプラットフォームの構築を図っていきたいと考えています。

詳しくはこちらをご覧ください。